バイナリーオプションが投資術として優秀な理由を分析

株式投資&バイナリーオプション

株式投資&バイナリーオプション

株式投資は歴史も古く、比較的安定した投資方法として非常に人気が安定している投資商品だ。

FXと同じく、株式投資にも信用取引があり、これによりハイリスクハイリターンな取引を行うこともできる。

日本における株式投資は、本格的に現代のシステムとなったのが1950年頃、第二次世界大戦が集結した後に、アメリカ主導により変革を遂げた。

一般人にも手が出せる水準になった株式システムにより、日本の情勢と株価の連動が始まった。

株式投資は基本的に、資産を多く保有する投資家が対象で、大きな金額を取り扱うことが前提となっている。

そのため、資産の少ない一般的な庶民は手が届かない水準で株式の取引が行われている。

最近では少ない量での取引もできるシステムが出されてきているが、通常の投資家よりも立場は悪く、ゲスト扱い的になる。

株式投資の魅力は、売り買いによる利益幅の獲得以外にもある。

株を発行する企業によって変わってくるが、株を保有する株主に対して、保有する株の量(つまり企業への投資額)に応じて、配当金や株主優待をもらうことができる。

つまり、売り買いにより利益を出す以外に、利益を出す方法が用意されているという点で、高い安定性があると言えるのだ。

株式投資は投資した後に選択肢が多いこと、緊急時以外、急ぐ必要性があまりないことが人気の理由となっている。

バイナリーオプションは、株式投資とは全く異なるシステムのため、保有すること、保有による利益を受けることなどについては期待できない。

一方で、株式投資とは異なり、バイナリーオプションは常にニュートラルな状態から始める投資方法であるという点でモチベーションの安定性は抜群だ。

投資対象として株式投資とバイナリーオプションを比較する場合、個人的な好き嫌いが影響するかと考えている。

バイナリーオプションと株式投資の比較

バイナリーオプションと株式投資の比較

株式投資は上記のように、基本的には投資額を数十万、数百万用意できる投資家を最低ラインとしたような投資方法だ。

株式投資がこのような大きな額を扱う投資家を基本的に対象にしているのは、大きな理由がある。

というのも株価は特に時事ニュースに影響を受ける。

ライブドアの事件は2006年だが、この時この会社の株式に熱狂していた投資家は、取引ができなくなってしまいかねない自体になるまで追い込まれたとのこと。

この時のライブドアの株価の急落は、事件発覚前1株700円程度が事件発覚後に100円以下の価値になる結末となった。

大きな金額を扱う株式投資のため、10000株以上保有していた投資家も多いと思われる。

その場合の損失は700万円が100万円、つまり600万円の損失で、この急落ぶりから、ライブドア株を無価値とみなす証券会社まで現れた。

かなり特殊な事件ではあるが、基本的に大きな金額でやり取りされる株式投資は、このような突然の事件や災害などにより、大きな損失を生むことにもなる。

信用取引である以上、証拠金が不足すれば、負債を負うことになってしまうのもFXと同様だ。

ライブドア事件の例のように、その損失額は異常なほど大きくなることがあり、ライブドアショックの際に同社の多額の株を保有していた投資家は、上場廃止までの間に連日に渡って売却をして、必死に損切りを行ったらしい。

株式投資は元祖投資商品であり、時事に大きく左右される可能性のある投資方法のひとつなのだ。

バイナリーオプションはその点を比較すると、信用取引はない。

大きな金額を取り扱うと言っても、バイナリーオプションには取引数の上限が決められており、ギャンブルのように際限なく金額をつぎ込めるわけではない。

大きな金額を取り扱うことになる株式は、特に投資に慣れていなければ、取扱が難しい。

バイナリーオプションのように、取引する金額の範囲が決められている投資商品は他にはなかった特徴だ。

少なすぎない投資額、小さすぎない利益額、そして短時間にすべての取引が完結するシステム。

この簡素ながらも、セーフティがしっかりと施された金融商品は株式投資と比較するとよりその安全性が際立つと言っていいだろう。

ハイリスクな投資は現代では不利

マネーゲームも可能なハイリスク・ハイリターンの株式投資市場の投資家は基本的に多額の資産を保有しており、企業に寄与することを目的としている富裕層が支配していると言っていい。

この市場で利益をあげようとすると、非常に多くの情報網や、多少の損失(100万円単位)を耐えうる資産を持っていることが必要になってくるだろう。

株式投資も小さな取引が用意されるようになっているが、これは利益を目的としたものと言うより、将来的に若干おお小遣いになる、もしくは企業を応援したい人達に向けた、いわば趣味レベルの取引だと考える。

バイナリーオプションと違って、主体的に動いて利益を得ようとするには不向きなのだ。

物価や給与の上がらない、現代の日本では、これから投資を始めようと考えている投資初心者には全く不利にしかならないのが株式投資だと考えている。

市場の発達した現代で、ハイリスクハイリターンの投資方法は個人にとってはもはや時代遅れなのだ。

投資初心者にはバイナリーオプションという、セーフティが完全に機能する投資法をおすすめする。