バイナリーオプションが投資術として優秀な理由を分析

ソーシャルレンディング&バイナリーオプション

ソーシャルレンディング&バイナリーオプション

ソーシャルレンディングは2008年頃から増え始めた個人投資家を集めた株式に似た投資方法の一つだ。

ソーシャルレンディングは銀行の金利や、投資運用商品の利回りが低い現在でも、8%などの非常に高い利益を出せると、触れこんでいる。

比較的に若い金融商品として人気になっている、新たな投資方法だ。

ソーシャルレンディングは、個人投資家主に中小企業を結びつける仲介的な役割を担うシステムだ。

個人投資家を複数人集め、貸し付けたい金額をまとめる。

借りたい企業が名乗りを上げ、金利を高めに設定し、個人投資家からの融資を貸し付ける。

回収した債権をソーシャルレンディングの会社と投資家で分配して利益を得るというものだ。

このシステムは出てきて10年程度であるが、現在は金融商品取引法と貸金業法によって規制されている。

投資家が直接企業に貸し付けているという状態にしないため、投資家は貸し付けている企業を知ることは出来ない仕組みになっている。

つまり、投資家はソーシャルレンディングの会社に投資を行うという形になるのだ。

そして投資商品である以上、ソーシャルレンディングの事業者が破綻した場合には投資資金はほぼ戻ってこないことになる。

それについてはソーシャルレンディングを行う各企業のサイトに、元本保証が出来ない旨が明記されている。

そして、後述するが、新しい金融商品は常に悪徳企業が参入してくる危険性がある。

バイナリーオプションとソーシャルレンディングの共通点はやはり取引が明快でシンプルな点にある。

しかし、利回りとしてもシンプルな取引としててもソーシャルレンディングは魅力的ではあるが、バイナリーオプションと比較すると複数の点で劣ることが分かった。

バイナリーオプションのセーフティはやはり堅牢だ。

バイナリーオプションとソーシャルレンディングの比較

バイナリーオプションとソーシャルレンディングの比較

ソーシャルレンディングは資金を出して配当を受け取るという、とてもシンプルなシステムで、バイナリーオプションと比較しても同程度だ。

システムがシンプルであれば、投資初心者でも悩むこと無く投資できるのが大きな利点だ。

加えて、利回りも平均8%など、低金利の今の時代にしては非常に高い利回りだ。

そのため、人気が出始めているサービスになっており、参入する企業も多いのが特徴だ。

投資するだけという、シンプルさはバイナリーオプションよりも単純で、いくら貰えるかについても明確でわかりやすい。

この点を見れは期待できるサービスとしてバイナリーオプションを凌ぐだろう。

しかし、これは投資がうまくいく前提での話だ。

ソーシャルレンディングでは、しばしば返済遅延や、貸し倒し(デフォルト)が発生し、期待通りの利益を上げれないどころか、貸した金額が返ってこないことがある。

特に規模の小さいソーシャルレンディングの事業者は、回収するだけのじん人が不足していたりすると、回収率に不備が生じてくる。

これはつまり、投資したら最後、返済されるかどうかは完全に相手次第の状況となる。

シンプルなシステムだからこそ、損失を積極的にコントロール出来ないとい欠点が出てくる。

その点で言えば、バイナリーオプションでは損失になり像だと判断した場合には売却という手段で損失を最大限に減らすことも可能だ。

損失のコントロールという点ではバイナリーオプションが勝っていると考える。

積極的に自分の資産を守りに行くことが好きか、相手に任せるだけの余裕がある投資が好きかでバイナリーオプションとソーシャルレンディングの選択が分かれると思っている。

現れ始めたソーシャルレンディングの悪徳業者

新しい金融商品には常に付きまとう、悪徳業者の影。

ソーシャルレンディングにも2018年になって悪徳なシステムで多額の未払いを出した業者が現れた。

みんなのクレジットはすでに有名になっているため、投資情報を気にしている人には分かる話だと思う。

この企業はオーシャルレンディングを悪用し、投資家から集めた資金を自転車操業的に利回りに回したり、貸付資金をグループ企業に回したりしていた。

更には投資家から預かった資金を野鳥の個人的な返済に当てていたという。

その結果行政処分を受け、債権を手放して投資家に多大な損害を与えたのだ。

また、このグループ企業は完全に身内で社長役を回しており、投資家への返済は1年以上何もなされていない。

正直なところ、これは氷山の一角に過ぎないと考えている。

悪徳業者はまだまだこのソーシャルレンディングのシステムを悪用して資金調達を行っていると予想している。

システム自体はいいものではあるが、みんなのクレジットのような悪用方法がある時点で、まだ投資先としてはセーフティが未成熟な金融商品と言える。

もちろん健全なファンドとしてソーシャルレンディングを運用している企業もあるため、魅力的ではあるが、詐欺的な被害を被る可能性のあるリスクは最も避けたいと思うのが健全な投資家だろう。

セーフティの麺から言うと、バイナリーオプションは全く好きのない投資方法だと改めて感心した。