バイナリーオプションが投資術として優秀な理由を分析

外貨貯金&バイナリーオプション

外貨貯金&バイナリーオプション

本来、銀行は、お金を預けてもらうことで、お金を使ってお金を増やす事を行う金融機関だ。

「銀行であなたのお金を守ってあげるので、預けて下さい。そのお金を借りたい人に貸して、利子を取って銀行とあなたで分け合います。」

とう言うのが建前だ。

その分けてもらえるお金の比率が金利であり、現代の日本の金利は高くて0.15%程度。

1年間100万円預けていても1500円しかもらえない。

現在の日本では金利というものが異常に低く設定してあり、お金を預けてもほとんど増えないのが現状だ。

以前は定期預金などを利用すれば高いもので8%という金利だったことを考えると、今の日本は悲惨だ。

そのため、日本の銀行に見切りをつけて、外国の金利の高い銀行にお金を預ける、「外貨貯金」というものが流行っている。

円を外国の通貨に変えるというところではFXにも似ているが、目的が明確に違う。

取引を積極的にするのではなく、預けておいて、その利子を目的にするのだ。

最近では外国の銀行の金利は2%程度と、高く設定されている銀行もあり、日本の銀行の実に13倍にもなる。

1年間100万円を外貨貯金しておけば20000円にもなるのだ。

そのため、外貨貯金も投資運用の一つとして人気が出てきている。

取引の内容がただ単に貯金するだけ、後は為替相場が有利になったときや、利息が入ったのを見計らって引き出すだけ、というわかりやすいシステムだ。

一方で、外貨貯金をしてもらう日本の銀行、外貨貯金を実際に行う外国の銀行、預け入れ・引き出しの際にかかる手数料、税金など、利益になるかならないかを考えておくべき要素が多いのも特徴だ。

加えて金利は日本よりもかなり高いが、数%であることには変わらず、もともとの外貨貯金する額も大きくなければ利益は望めない。

簡単な取引ではあるが、考えておくべき要素が多いというのが外貨貯金の大きな特徴となっている。

銀行としても、貯金を肩代わりするだけで利益を得られるとあって、キャンペーンなどを催して顧客獲得に努めている所も多い。

バイナリーオプションも外貨を取り扱うという点で似ているが、大きく違う点は外貨の取引期間にある。

バイナリーオプションと外貨貯金を明確に分けるのはその外貨の取引紀南おさと言っていいだろう。

そしてここにバイナリーオプションが外貨貯金よりも有利である理由がある。

バイナリーオプションと外貨貯金の比較

バイナリーオプションと外貨貯金の比較

外貨貯金はバイナリーオプションと似ており、複雑な手間を企業が全面的に負ってくれるというところがある。

投資初心者にとっては、とてもありがたいことではある。

一方で運用方法は大きく異なる。

外貨貯金では基本的に外国の高い金利を目当てに、利子を得る目的が強い。

相場変動での差額を目的にしている投資家は、外貨貯金ではなくFXの取引をするだろう。

そのため、外貨貯金では相場変動による利益はおまけと考えるほうがいい。

基本的には外貨貯金をして利子で元本を増やし、利益を得ていくというのが目標になる。

今の日本の金利である0.15%程度を考えれば、2%もある海外の銀行に預けて利子をもらうというのは合理的だ。

また、預けた後は相場を見ておく程度で、特に取引に関して積極的に動く必要もないため、投資に全く時間を割けない人にとってはとてもいい投資運用のカタチだ。

一方で、外貨貯金には考慮すべき大量の数字がある。

まずは外貨貯金をしてもらう日本の銀行。

外貨貯金は日本円での普通の貯金と違い、外国の銀行とのやり取りが発生するため、基本的に手数料がかかる。

例えば1ドルに対して0.5円などだ。

100万円分、約1万ドルを預け入れる、引き出すときには5000円かかることになる。

実に利息で増えた分(2%=2万円)の4分の1をもっていかれるのだ。

このように、かなり大きな資産を外国の銀行に預けても、1年間で数万円の利益という、微妙な投資運用となる。

選ぶ外国の銀行次第では金利6%となる国もあるようだが、外貨貯金のリスクを考えるとおすすめできない。

外貨貯金は円での貯金と違い、元本保証がないのだ。

これは貯金という名前にそぐわない致命的なリスクだ。

極端な話、預けた外貨が、0円となってしまう可能性もあるのだ。

戦争でも起きない限りは0円は流石にないことだが、情勢によって為替相場が暴落すれば、満期になるときに大きな損失となる可能性がある。

外貨貯金の怖いところはこの元本割れ、利息計算にある。

大きな額を貯金しなければ大きな利息は得られないが、為替相場次第で大きな損失で元本割れを起こす可能性があるのだ。

これでは円貯金で少ない金利でも確実に増やしたほうが圧倒的に良いと言える。

バイナリーオプションと比較すると、積極的に取引を行う必要がなく、基本的に放置するだけで良い点は精神的にも優しい。

しかし、大きな投資資金が必要な点、手数料や利子、為替相場の長期的な読みを行わなければ確実に利益を出せない点を考慮すると、尋常じゃないほど難しいシステムなのだ。

1000万円預けて満期で返ってきたのは900万円などは、外貨貯金の失敗談ではよくある話だ。

バイナリーオプションはその点をすべてカバーしている。

簡単な取引システムではあるが、損失の範囲は限定されており、短期取引のため、長期的なよみが必要ない。

相場の変動も選ぶ通貨によっては安定した利益を出すことも難しくはない。

外貨貯金と比べるとバイナリーオプションは非常に有利な点を多く持っていると言えるのだ。

外貨を長期に過信すると痛い目にあう

外貨貯金とバイナリーオプションでは圧倒的にバイナリーオプションが有利だと分かっていただけたと思う。

もともと、外貨貯金は、銀行マンが進める投資商品として退職金などを狙った詐欺まがいの営業だったと言う人もいる。

銀行は預貯金をするだけで手数料で儲けられる。

元手資金は顧客の財布から出してもらえる。

システム的には完全に銀行が100%儲かるような金融商品になっているのだ。

損失が出ないことが確約されている分、銀行としても非常に勧めやすい商品だった。

バイナリーオプションでも外貨を取り扱うが、それは瞬間的な外貨の信用を取引しているのだ。

一般人に1年後の為替相場を予想して外貨貯金させようというのがそもそも異常に高いハードルなのだ。