バイナリーオプションが投資術として優秀な理由を分析

バイナリーオプションの投資術が優秀である理由

バイナリーオプションの投資術が優秀である理由

投資関係のことを勉強し始めたのが1年前ころ、ちょうど仮想通貨で億り人がニュースで話題をさらった頃だった。

保有していた資産が一気に膨らむという強烈な話が理由で、投資方法に嫌でも興味をそそられたのが始まりだ。

そして最終的にバイナリーオプションへと落ち着く流れになるのだが、それは別ページで詳しく解説する。

ここではバイナリーオプションの投資における優位性とそれに出会った経緯について語らせて欲しい。

結論としてはバイナリーオプションが最も優れた投資法であるという話だ。

その明確な理由としては3つを上げておく。

  1. 面倒な手続き関連を証券会社が請け負ってくれるため、投資家側の損益計算が非常に簡素化されている。
    ↓↓
    取引に集中しやすく精神的な負担が軽くなる
  2. 売却(転売)という逃げ道も存在し、ギャンブル的な要素を軽減することが出来る
    ↓↓
    わかりやすい表示で、損益の計算が直ぐに判断可能
  3. 証拠金が不要、予想される最大の損失額も最初の投資アクションから確定しているため、投資による負債が発生しない
    ↓↓
    取り戻したいという精神負担や、焦りが軽減される

この3つの理由が投資を行う上で最も優秀であると判断するに至った要因だ。

金融商品に投資をする上で重要になるものは、商品によって変わってくるが、取引を主体的に進める必要のあるFXや外貨預金、株式のデイトレード、ソーシャルレンディングなどでは、この精神に対する負担が最も投資効率と成功率に影響すると考えている。

根性論のように聞こえるかもしれないが、実際にこの手の投資をやってきた人間は口をそろえて同じことを言う。

「熱くなったら負けだ」

これが投資の成功と失敗をシビアに分ける境界線となっているのは経験者のみぞ知る賢者の知恵なのだ。

外貨の直接取引と異なるバイナリーオプション

外貨の直接取引と異なるバイナリーオプション

バイナリーオプションにおける特徴は、初心者でもわかりやすい取引内容という触れ込みだが、これは証券会社が複雑な手続きや計算を肩代わりしてくれていることにある。

【FX&バイナリーオプション】にて解説を行っているが、FXなどは外貨を直接取引する形で利益を出すスタイルだ。

その理由で、スプレッドと呼ばれる、外貨を仕入れるときと売る時の差額を証券会社が利益として得ている。

このスプレッドは投資する側で利益になるかならないかを常に計算する必要があり、暗算出来るレベルで慣れていく必要がある。

加えて現在では多くはないようだが、売買の手数料を取る証券会社もあるため、こちらも計算に含めて利益が出るかを常に考える必要があるのだ。

つまり、スプレッドと手数料を加味して利益が出るかどうかの判断が要求されるのである。

投資家としては当然の利益計算だが、計算内容が煩雑になりすぎており、初心者が理解できなかったり、計算に失敗して大損したりして挫折してしまう大きなハードルになっている。

加えて失敗した際に負債を負う可能性があったり、証券会社側からゲームオーバーを通告されたりと、エンドポイントがかなり悲惨なのだ。

それに対してバイナリーオプションは、投資した瞬間に最大の損失額が決定されるため、負債を負う心配もなく、そのため証券会社からの取引停止の通達や強制も無い。

負債や取引停止の強制停止がないというのは大きなメリットだ。

一方でFXにおいてはにおいてはスワップポイントという、金利差により利益をる戦略もあるが、これも大変複雑で、初心者だった私には全く取り扱いが難しいシステムだった。

単純なシステムであるということ、セーフティが明確でわかりやすいことがバイナリーオプションの大きなメリットなのだ。

そしてその分、取引に集中することができるようになり、精神的にも余裕が生まれる。

これが理由となって結果的に最も大きな利益を生み出すのだ。

精神的な余裕の生み出す利益

精神論的な展開になってしまうが、上記の精神的な余裕を生み出すのに特化されたバイナリーオプションのシステムは、以下の理由で利益に直結すると考える。

取引に際して、1分1秒の相場変化を相手にしているときに、現在1通貨が150円で買えるのが、3秒後には160円、10秒後には180円になっていることがある。

結果から考えてみよう。

150円のときに100通貨分買ったとしよう15000円の支出だ。

160円のときに100通貨分買ったとすれば16000円の支出だ。

180円のときに売れば単純に18000円の売却額になる。

150円で買ったときには3000円の利益、16000円で買ったときには2000円の利益、その差1000円だ。

わずか3秒で1000円の差となるのだ。

これは極端な変動をする通貨での話ではあるが、この判断と決断のスピードが必要なときに、スプレッドや、手数料なんかを含めた計算をすばやく行うというのはかなり精神的な負担となる。

加えて、FXでは数倍の価格で取引を行うことができ、これも加わってくると、焦りと不安から、取引を正常な精神状態で行うのは難しくなってくる。

バイナリーオプションにおける精神的な余裕から生み出される利益とは、精神的な負担が大きいことで生み出されてしまう損失を防ぐと言った意味合いが強いのだ。

バイナリーオプションにおける売却

バイナリーオプションにおける売却

バイナリーオプションでは、この値より高くなる、という予想が当たれば、証券会社からペイアウトという形で、固定された金額が支払われる。

1チケット1000円のペイアウト設定している企業が多く、200チケットまで購入可能、など、購入枚数枚数の上限がある。

ある意味、宝くじに似たシステムだ。

一方でバイナリーオプションが宝くじと決定的に違うのが見出しにある売却というシステムだ。

これがバイナリーオプションを人気の金融商品にしている理由の一つだったりする。

バイナリーオプションのチケットには購入価格と売却価格がある。

証券会社が得をするように、購入価格よりも売却価格のほうが低くなる。

この購入価格と売却価格の差をスプレッドと言い、ユーザーが利益を得やすい証券会社なのか、損をしやすい証券会社なのかはこのスプレッドがどのくらい大きいかによって変わってくる。

例えば購入価格が100円、売却価格が50円の場合、20枚チケットを買うと2000円かかる。

この購入価格と売却価格は相場変動に合わせて常に変化しており、予想が当たる方向に動いていくに連れ、段々と高くなっていく。

例えば受付終了時間が迫っていて、予想した相場範囲に入りそうにない時でも、購入価格400円、売却価格300円となっていたら。

受付終了時間内に300円の売却価格で20枚を売ってしまえば、6000円の価格で売却することができる。

つまり差し引き4000円の利益を確定することができるのだ。

もちろん売却価格が購入価格よりも下がることもあるが、もし注文時間内に売却を選ばなければ、投資した金額2000円は丸々なくなってしまうのだ。

売却というシステムが有るおかげで、損益を抑えられるのだ。

売却額の確認方法

購入額と売却額は常に変動しているので、購入時と売却時は常に気にしておく必要がある数字だ。

確認方法は、GMOクリック証券の場合は大きく色分けされた枠内の数字がそれだ。

購入額売却額それぞれ2つあり、予想するラインより下か上か、で見るべき金額が変わってくる。

現在の相場に近い予想ラインになればなるほど購入金額・売却金額金額は上がる。

逆に遠い予想ラインだとどちらも下がってくる。

ペイアウトを狙う場合と、売却も含めて狙う場合とで下記の理由から若干戦略が異なってくる。

ペイアウトを狙う場合、確実に利益を出すために、予想ラインは自ずと現在の相場に近いラインを選択することになる。

そのため、チケット購入の金額は高くなりがちで、売却による利益は無いものと考えたほうがよく、基本は取引終了時間(満期)まで待つことになる。

一方で、売却額による利益を狙っていく場合は、現在の相場よりも若干離れた予想ラインを設定することになり、今度は逆にペイアウトには期待しないことになる。

これらの戦略は一長一短で、投資初心者が最初に行き当たる選択の問題と言っていいだろう。

証拠金などの負債に対応するための資金が不要

証拠金などの負債に対応するための資金が不要

バイナリーオプションではレバレッジなどの、倍率をかけた取引は無い。

これは大きな金額を運用することで利益も大きくするという方法が取れないデメリットでもあるが、逆に、現在の資金以上の損失を出すことがないというメリットでもある。

投資初心者向けである理由がここにあるのだが、相場を読むことが下手な初心者がレバレッジに手を出すと、あっという間に証拠金を失い、ロスカットに合うという危険性が大きいのだ。

レバレッジという甘い罠が用意されていないという点で、セーフティがあることが大事なのだ。

バイナリーオプションではこの点、チケットを購入した時点で、最悪の結果に陥ったとしても、その購入額がそのまま損失になるのだ。

もちろん欲の皮を張って身の丈に合わないような金額でチケットを購入してしまうと、売却額にも恵まれず投資資金を失うことはありうる。

ただし、その場合も借金になるようなことはない。

このシステムが理由で、証拠金などが必要ないのだ。

負債になるほどの大負けが無いというセーフティ

バイナリーオプションの最も優れた点はこのメリットだろう。

単純に考えて、FXのような負債を負う可能性がある代わりにハイリターンを望める取引と、バイナリーオプションのように大きな利益が期待できない代わりに極端な負債もない取引を比べると、バイナリーオプションの方が華がないように思えてしまう。

ギャンブルが嫌いな人にとってはFXのような取引はおそらく論外だろうが、普通の投資初心者は夢を見たいものである。

どうしてもFXのような派手に投資を行えるシステムに目が行きがちで、1日で数十万円の利益を出せた、と言ってみたいというのはわからなくもない。

しかし、もうすこしバイナリーオプションのメリットを深く考えれば、FXのようなギャンブル性の高い取引では当然のごとく、ハラハラ感やスリルを味わうことになり、これが理由で正常な投資判断が難しい。

加えて取扱金額が大きくなることから、一度の損失が大きくなり、”次は取り戻す”を繰り返して散財、証拠金も失って取引停止、負債だけが残るという悪循環に陥る可能性が高い。

冷静でいられるというメリットは想像以上に人間にとっては重要な要素なのだ。

この冷静さを保つのに重要な部分でシステムが整っているバイナリーオプションは、優秀と言えるのである。

ブックマーク

https://money-wantit.com

アミノメトッキ

https://lovelove-money.com

グラツシヤア

https://personal-job.net

リムビヨツク

https://economic-research.net

コダカラーメデタシ